読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

XMLParserを使う その1

Unity Scriptsの[Download UnityScript XML Parser:title=Unityscript XML Parserへのリンク]をクリックし、ZIPをダウンロードする。
f:id:yasuda0404:20120805084349p:plain

解凍すると3つのjsスクリプトファイルができる。
f:id:yasuda0404:20120805084419p:plain

これらをUnityのプロジェクトビューにドラッグ&ドロップ
f:id:yasuda0404:20120805084738p:plain

パースするスクリプトを新規作成する(下の例では"XMLParser.js"を新規作成)
f:id:yasuda0404:20120805085243p:plain

次のTwitterXMLから、最初のstatusタグのuserタグ-idタグのテキストを読み取ることを考える。
f:id:yasuda0404:20120808172811p:plain

スクリプトは次のようになる。
注)#pragma strict をコメントアウトすること。 "Type 'Object' does not support slicing"のエラーが出てしまう。

//#pragma strict
import XMLNode;
import XMLNodeList;
import XMLParser;
//Ref.   http://dev.grumpyferret.com/unity/

var url1 = "http://twitter.com/statuses/user_timeline/ataro44.xml";	//my twitter post list
private var val:String;

function Start () {
	Debug.Log("XMLをパースする");
	var getXML : WWW = new WWW(url1);
 	yield getXML;
 	
	if (getXML.error != null) {
		Debug.Log("XML not read:"+url1);
		
	}else{
		//XML available
		Debug.Log("XML read");
 		Debug.Log( getXML.text );
 		var parser = new XMLParser();
		var node:XMLNode = parser.Parse( getXML.text); 
		val =  node["statuses"][0]["status"][0]["user"][0]["id"][0]["_text"];

	}
}

function OnGUI () {
	//Screen on Display
    GUI.Label (Rect (10, 30, 800, 20), "id="+val);
}

参考:XMLデータのパース - UnityDocs