読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

iTweenを導入する

"UnityのTweener"としてデフォルトになっているのがiTween。非常に高機能なライブラリだ。
iTweenの導入手順をメモした。

iTweenのサイトの右上、"Get iTween"をクリック
f:id:yasuda0404:20120803120500p:plain

”Download iTweenを"クリック
f:id:yasuda0404:20120803120511p:plain

”Open Asset Store"をクリック
f:id:yasuda0404:20120803120810p:plain

「外部プロトコルリクエスト」ポップアップが出るので、「アプリケーションの起動」をクリック
f:id:yasuda0404:20120803120854p:plain

Unity が起動し、AssetStoreが開く。ここで、iTweenをdownloadすればよい...はずなのだが、MacのAsset Storeの画面がレイアウトがくずれた状態でスタック!
f:id:yasuda0404:20120803132552p:plain

そこで、Windowsでダウンロードし、Macにインポートする、と言う手順をとった。
WindowsのUnityからAsset Store画面を開き、iTweenをダウンロード。
Assetフォルダの中に"iTween"と言うフォルダができる。この"iTween"フォルダを社内の共有サーバーへアップ。

MacのUnity上で、サーバーに保存した"iTween"フォルダを、Projectビューにドラッグ&ドロップ
f:id:yasuda0404:20120803131111p:plain