読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

覚えておくと便利なMathf関数

UnityのMathf関数には、通常のMath関数以外に3Dインタラクティブ用に特化された関数がある。次は知っておくと効率化できそう。

関数名(引数) 機能
Clamp(,min,max) 最大・最小値でカット
Pow(x,y) xのy乗
Ceil(x) 小数点切り上げ(floatのまま)
CeilToInt(x) 小数点切り上げ&整数化
Floor(x) 小数点切捨て(floatのまま)
FloorToInt(x) 小数点切捨て&整数化
RoundToInt(x) 小数点四捨五入&整数化
Sign(x) 符号(1または-1(float))
Lerp(from,to,t) 補間
LerpAngle(from,to,t) 角度補間(360度を考慮)
InverseLerp(from,to,value) Lerpの逆関数
MoveTowards(current,target,maxDelta) maxDeltaでターゲット値へ
MoveTowardsAngle(current,target,maxDelta) moveTowardsの角度版
Approximately(a,b) float変数が等しいか?
SmoothDamp(cur,tar,vel,t,s,dt) t秒でcurからtarにスムージング
SmoothDampAngle(cur,tar,vel,t,s,dt) SmoothDampの角度版
Repeat(t,length) length周期で繰り返し
ClosestPowerOfTwo(x) もっとも近い2のn乗の数値を返す
DeltaAngle(a,b) a,bの差(360度を考慮)
PerlinNoise(a,b) 2次元Perlinノイズ
PingPong(float t, float length) 周期lengthで0-tの範囲内の数値を返す

※Mathfの角度はすべてRadian単位


定数名
Deg2Rad degreeからradianへの変換乗数
Epsilon 浮動小数点型の最小値(大小比較で使う)
PI π
Rad2Deg radianからdegreeへの変換乗数