読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

Unity-C#で数値を扱うクラス

script-基本

Unity-C#で数値を扱う場合、あまり考えることなく整数だとint、浮動小数点だとfloatをつい使ってしまうが、扱える範囲やサイズに応じていくつかの変数型がある。メモリサイズや速度をギリギリとつめたいときや、逆に大きな数値を扱う場合は、型の最適化を忘れないようにしよう。

整数型

範囲
sbyte型 符号付8bit整数(-128~127)
byte型 符号なし8bit整数(0~255)
short型 符号付16bit整数(-32768~32767)
ushort型 符号なし16bit整数(0~65535)
int型 符号付32bit整数(-2147483648~2147483647)
uint型 符号なし32bit整数(0~4294967295)
long型 符号付64bit整数(-9223372036854775808~9223372036854775807)
ulong型 符号なし64bit整数(0~18446744073709551615)

浮動小数点型

サイズ 表記例
float 符号付32bit浮動小数点数 1.3f
double 符号付64bit浮動小数点数 1.3d
decimal 符号付128bit浮動小数点数 1.3m