読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

iTweenの参考資料

スクリプトでアニメーションを行う定番ライブラリが、iTweenFlash(Action Script)ライク名表記で多彩なアニメーションを実装できる。

itween.pixelplacement.com

ただ、iTweenの表記方法は結構忘れやすいので(年齢のせいかもしれないが)、リファレンスをまとめておく。メソッドの種類やHashの要素は覚えきれないし、慣れてくると使うメソッドやeasetypeが限られてしまうが、リファレンスを見ると「こういうのもあったのか」と発見もある。リファレンスをみるべし、というのはiTweenに限ったことではないけれど。

itween.pixelplacement.com

www40.atwiki.jp

easing_demo

iTween list of easeTypes - Unity Answers

また、easetypeは種類が多く、また、いちいち変更するのは面倒。次のようなenum変数を定義しておくと、インスペクタからプルダウンで選択できて便利。

enum Easetype {
    easeInQuad,easeOutQuad,easeInOutQuad,easeInCubic,easeOutCubic,easeInOutCubic,
    easeInQuart,easeOutQuart,easeInOutQuart,easeInQuint,easeOutQuint,easeInOutQuint,
    easeInSine,easeOutSine,easeInOutSine,easeInExpo,easeOutExpo,easeInOutExpo,
    easeInCirc,easeOutCirc,easeInOutCirc,linear,spring,
    easeInBounce,easeOutBounce,easeInOutBounce,easeInBack,easeOutBack,easeInOutBack,
    easeInElastic,easeOutElastic,easeInOutElastic
    }
[SerializeField]  Easetype easetype = Easetype.easeOutQuad;

(略)

iTween.ScaleTo(gameObject, iTween.Hash("scale", Vector3.one,  "time", t, "easetype", et.ToString() ));

注1)Easetypeは、publicではエラーになる。[SerializeField] を使用すること。
注2)enum(列挙型)の実態は整数であるため、enumをiTweenのeasetypeに指定するときは、toString()でストリングに変換すること。