読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

Unity5でCharacterControllerを使う

方法1:CharacterControllerクラス(コンポーネント)を使う

キャラクターとして動かすGameObjectを作る f:id:yasuda0404:20150716145603p:plain

MainCameraを同GameObjectの子にする

f:id:yasuda0404:20150716150038p:plain

同GameObjectに、Physics-CharacterControllerをアタッチする

f:id:yasuda0404:20150716150230p:plain

キャラクター移動のUIクラスを作る。参考:Unity-API:CharacterController.Move()

これを同GameObjectにアタッチする。

方法2:標準アセットを使う

Assets-ImportPackages...-Characters を読み込む

f:id:yasuda0404:20150716155900p:plain

Assets-StandardAssets-Characters-FirstPersonCharacter-Prefabsの下の、

-FPSController -RigidBodyFPSController 

のどちらかをシーンに加える

FPSControllerには歩行をシミュレートする「ゆれ」とサウンドがついている。「ゆれ」をなくすには、Use Head Bobをオフにする

歩行時と走行時にカメラのFOVを変えるには、Use FOV Kickをオンにし、各パラメータを調整する

f:id:yasuda0404:20150716162227p:plain