読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

uGUI: スクリプトからUIのパラメータを変更する

uGUIへユーザが操作した際にメソッドを呼び出すのとは逆に、スクリプトからUIの状態やパラメータを変更したい場合もある。代表的な例を下にあげる。

テキスト

uGUIのテキストを変更するには、テキストGameObjectのTextコンポーネントを取得し、このText.textプロパティを変更すればよい。

サンプルスクリプトは次。

ポイントは、UnityEngine.UIネームスペースを追加すること!

using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class Example : MonoBehaviour
{

 [SerializeField]Text btnText;
  [SerializeField]Toggle toggle;
  [SerializeField]Slider slider;

  private bool isOn = false;
  
  REIPacket packet=new REIPacket();

  public void OnOff()
  {
      isOn = !isOn;
      if(isOn) {
         btnText.text = "On";
         toggle.isOn  = true;
         slider.value = 1.0f;
         slider.Select();
      } else {
         btnText.text = "Off";
         toggle.isOn  = false;
         slider.value = 0.0f;
         toggle.Select();
      }
  }

トグル(チェックボックス)状態

Toggleコンポーネントbool isOnを変更する。

スライダの値

Sliderコンポーネントvalueを変更する。

フォーカス(共通)

各UIコンポーネント.Select()メソッドを呼ぶ。該当UIにフォーカスが移り、その他はフォーカスが外れる。

※注)ゲームコントローラやキーボードからの操作を可能にするよう、EventSystemのFirst Selectedに、最初にハイライトするUI要素を設定しておくこと!