読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

VisualStudio Expressをインストールする

KINECT導入にあたっては、やはりSDKのサンプルファイルをを参考にしたくなる。これらはC++,C#またはVBで書かれているので、少なくともいずれかの開発環境が必要。C++はとっつきにくいし、VBはサンプルが少ないので、消去法的にC#を導入する。

VISUAL C# EXPRESS 2010http://www.microsoft.com/visualstudio/en-us/products/2010-editions/visual-csharp-express*titleのページで、Languageのプルダウンメニューで「日本語」を選択し、「インストール」をクリック
f:id:yasuda0404:20120908123526j:plain

ダウンロードされる、vcs_web.exeを実行
f:id:yasuda0404:20120908123546j:plain

以下、画面の指示に従って進める。今回はC#を使うことが目的なので、SilverlightSQL系のオプションは外す。
f:id:yasuda0404:20120908123612j:plain
f:id:yasuda0404:20120908123623j:plain
f:id:yasuda0404:20120908123630j:plain
f:id:yasuda0404:20120908123638j:plain
f:id:yasuda0404:20120908123644j:plain

対象のサンプルファイルの「インストール」をクリック。ファイル一式がダウンロードされる。
f:id:yasuda0404:20120908133112j:plain

sln(Visual Studioのソリューションファイル)をダブルクリック。
★複数のバージョンのVisualStudioがある場合、選択画面がでる。Visual Studio Express 2010を選択
f:id:yasuda0404:20120908133128j:plain

Visual Studioデバッグ-ソリューションのビルド を選択し、ビルドする。
f:id:yasuda0404:20120908133314j:plain

実行ファイルが /bin/Debug/の下のできている。これを実行すればサンプルアプリが動く
f:id:yasuda0404:20120908133550j:plain