読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

カスタムpackageを作る

汎用的なアセットを再利用するには、packageを使う。

プロジェクトウィンドウで、package化したいアセットを選択する
f:id:yasuda0404:20120902164821p:plain

Assets-Export Package... を選択
f:id:yasuda0404:20120902164832p:plain

Exporting Packagesのウィンドウが開かれる。「Export」をクリック。
f:id:yasuda0404:20120902164846p:plain
”Include dependencies"をチェックしておくと、関連するアセットも自動的にパッケージに含まれる。

                        • -

作成したPackageをImportする。
新しいプロジェクトで、Assets-Import Package-Custom Package...
f:id:yasuda0404:20120902165502p:plain

ImportしたいPackageを選択して、「Open」をクリック
f:id:yasuda0404:20120902165540p:plain

Importing Packagesウィンドウで、「Import」
f:id:yasuda0404:20120902165610p:plain

プロジェクトウィンドウにアセットがインポートされる。フォルダ構造もそのまま踏襲される。
f:id:yasuda0404:20120902165619p:plain