読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

HOTween Visual Editorをインストールする

HOTweenのdownloadページで、HOTween Visual Editorのリンクをクリックし、ZIPファイルを保存
f:id:yasuda0404:20120804100833p:plain

ZIPファイルを解凍。"HOTweenEditor"と言うフォルダができる。
f:id:yasuda0404:20120804100925p:plain

フォルダの中には、packageファイルがある。これを適当な場所に移動。(僕の場合は、Unity開発用に使っているフォルダの下に"userpackages" と言うフォルダを作り、そこにパッケージを入れている。)
f:id:yasuda0404:20120804101106p:plain

Unityを起動。Assets-Import Package...-Custom Package... を選択。
f:id:yasuda0404:20120804101825p:plain

さきほど保存したUnity Editorのパッケージを選択
f:id:yasuda0404:20120804101837p:plain

すべて(All)選択して、"Import"をクリック。
f:id:yasuda0404:20120804101849p:plain

しばらくするとインポートが完了。Projectビューに"Holoville"というフォルダができる。この中にHOTween Editorのアセットが入っている。
f:id:yasuda0404:20120804101902p:plain

インストールが正常に完了すると、Windowの下に"HOTween Visual Editor"が追加されている。
f:id:yasuda0404:20120804105023p:plain

選択すると"HOTween Visual Editor"パネルが開く。パネルをドラッグしてUnity Editor内に埋め込むことも可能。
f:id:yasuda0404:20120804105059p:plain

"HOTween Visual Editorパネルで"Add HOTWeen Manager"をクリック
f:id:yasuda0404:20120804105711p:plain
シーンに"HOTWeen Manager"が追加される
f:id:yasuda0404:20120804110023p:plain

Tweenしたいオブジェクトを選択し(下の場合"Cube")、"HOTweenEditor"の”Tween Selection"をクリック。
f:id:yasuda0404:20120804110429p:plain

Tween可能なプロパティ、コンポーネントのうちからTweenしたいものを選択。例えば、"transform"をTweenしたい場合は、"transform"をクリック。
f:id:yasuda0404:20120804110439p:plain

この状態で"Tween This"をクリック
f:id:yasuda0404:20120804110852p:plain

パネルの真ん中辺りの"Add a property to animate"をクリック
f:id:yasuda0404:20120804111552p:plain

Tweenしたいプロパティを選択。例えば、position(UnityEngine.Vector3)を選択すると、
f:id:yasuda0404:20120804111853p:plain

パネルに"position"が追加される。positionパネルの値と、"From"以下の共通項目の値を適切に変更。
f:id:yasuda0404:20120804111839p:plain

シーンを再生するとTweenが実行される
f:id:yasuda0404:20120804112552p:plain


                          • -

また、UnityのComponentにHOTweenと言うコンポーネントが追加される。Tweenの対象オブジェクトを選択し、Component-HOTween-HOTweenComponentを選択すると...
f:id:yasuda0404:20120804104034p:plain

"HOTweenComponent (script)”コンポーネントが追加される。
f:id:yasuda0404:20120804104002p:plain

"Add Tween"をクリックすると、パネルが開く。どのコンポーネントにTweenを適用するかを選択。
f:id:yasuda0404:20120804104302p:plain

例えば、"Transform"コンポーネントを選択