読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

プロジェクトを始める

Unityでは、ひとつのアプリケーションを「プロジェクト」と呼ぶ。

Unity起動。
File-New Project...
f:id:yasuda0404:20120801170522p:plain

"Set..."をクリックし、Projectの保存フォルダを選択、ファイル名(プロジェクト名)を入力する。
デフォルトでは”/Users/ユーザ名/New Unity Project”となっている。
f:id:yasuda0404:20120801171638p:plain

下の例では、”/Users/ay3844/Documents/_development/unity/trial/trial01"に変更している。

使用するUnity Packageをチェックする。Unity Packageは必要になったら個別にインポートできるので、不明な場合はチェックしなくてよい。
"Create Project..."をクリック
f:id:yasuda0404:20120801170619p:plain

もしすでに他のプロジェクトを開いていた場合、保存するかどうかの確認メッセージが出るので、保存するか・しないかを選択しクリック。
f:id:yasuda0404:20120801170810p:plain

新規プロジェクトが開く
f:id:yasuda0404:20120801172907p:plain

以上の操作で、上で入力したプロジェクト名のフォルダが作られる。(上の例だと、書類-_development-unity-trial-trial01)
f:id:yasuda0404:20120801172406p:plain

プロジェクトフォルダ(上の場合 、trial01)を開くと、次の3つのフォルダができている。
f:id:yasuda0404:20120801172502p:plain

つまり、プロジェクトとはこのフォルダ一式を作ることに相当する。

以降は、unity.appを起動すると、Project Wizard画面が表示される。"Open Project"タブで既存プロジェクトを開くことができる。
f:id:yasuda0404:20120801172739p:plain