読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityな日々(Unity Geek)

Unityで可視化アプリを開発するための試行錯誤の覚書

高速化

角度指定と外部呼出しに関するベンチマーク

Unityでは、角度は、オイラー角とクォータニオンの2つの方法で扱える。また、回転を設定する際、角度の絶対値と、Rotate()で相対角変化を与える方法がある。いったいどれがもっとも効率的、すなわち高速なのだろうか? また、あるオブジェクトのクラスから…

ガーベッジコレクションを最適化する

参考:Optimizing with Unity iPhone, the first three things I’ll do… | Cratesmith Gameworks

高速化:キャッシュを使う

コンポーネントを処理するには、そのコンポーネントを探す時間がかかる。このため、何度も使うコンポーネントはキャッシュしておくとパフォーマンスが上がる。 例えば、次のようなスクリプトは、 function Update () { transform.Translate(0, 0, 5); ..... …

高速化:静的型付け

高速化の基本は、静的型付け。多くの場合は、Unityが自動的に型を決めてくれる。例えば、 var foo = 5;とすれば、fooはInteger型になる。もしfooをfloat型として扱いたい場合は、期待した計算ができない。 var sum2 = 0;// 自動的にInteger型になる sum2 += …